(ご案内)7月3日(土)~4日(日)
   「東ティモールフェスタ」がオンラインで開催されます

東ティモールフェスタ – 知って、味わって、つながる!

=映画祭・音楽ライブ・テトゥン語教室・東ティモール案内等盛り沢山のプログラムを通じて東ティモールを身近に感じてください=

東ティモールも外出自粛の中で今年の記念日を迎えます。 日本でも東ティモールでも人びとが物理的に集まることができない中ですが、オンラインツールを利用すれば物理的な距離を取り払って日本と東ティモールとでも繋がることができるのでは?

「東ティモールフェスタ」timor-leste-fes.comは、こちらから(外部リンクです)

(ご案内)「第45回悠美会国際美術展」に東ティモールの子供たちの作品も展示します。

 「第45回悠美会国際美術展」に東ティモールの子供たちの作品も展示します。東ティモールからの参加は、今回が3回目です。
 東ティモールの子供たちの世界に触れて頂きたいと思います。


場所:東京都美術館(上野公園内) 2階第4展示室
 電話:03-3823-6921   
期間:7月1日(木)~7月8日(木)
 但し5日(月)は休室  
時間:09:30~17:30
(初日は14:00~。最終日14:30閉会)  
入場:無料  
注:新型コロナの感染状況等により、中止になる場合もあります。

(ご案内) 2021.5.31
当協会副会長 山田 満 早稲田大学教授の単著が出版されました!
=「平和構築のトリロジー 民主化・発展・平和を再考する」(明石書店刊)

山田 満先生は、現場主義の下、長年にわたり東ティモールをはじめとする多くの途上国の平和構築、民主化支援、開発に一貫して取り組んで来られている我が国を代表する研究者のお一人です。
同時に、将来これらの課題に取り組んで行く内外の若き人材の教育・育成に多大な尽力をされている教育者です。

そうした様々な現場等での実体験から、本書では平和構築を、物理的な暴力に留まらず差別や弾圧、貧困などの構造的暴力や文化的暴力も含める概念として取り上げています。

そして、国際社会を3つのキーワード、すなわち「走錨する民主主義」・「まだらな発展」・「重心なき平和」を軸に分析し、私たち読者に国際社会の現状に対する再考を促しています。それは、「3つのキーワードを背景とした病理を乗り越え、新しい国際社会の平和を創造することを願ってのことである。」と山田 満先生は記しています。


是非、多くの皆さんに読んでいただきたいと思います!