ルアク首相が、深甚なる弔意を表明          
-インドネシアのスリウィジャヤ航空機が墜落ー

2021年1月9日、ジャカルタ空港からポンティアナック(西カリマンタン州)に向かったインドネシアのLCC、 スリウィジャヤ航空のボーイング737機は、ジャカルタ空港離陸直後にインドネシア冲に墜落、乗客乗員62名全員が亡くなりました。 心から哀悼の誠を捧げます。

1月11日、ルアク首相は、東ティモール国民を代表して、 深甚なる弔意を表明しました。

スリウィジャヤ航空は、東ティモールとインドネシアのバリ空港を結ぶ商用便としても、毎日1往復運航されています。 日本から東ティモールを訪問する際には、私たちも利用している馴染みの深い航空会社です。(現在は、コロナ禍の為休止中) 原因の徹底究明と航空安全が求められます。

東ティモール、イギリス製のワクチン購入へ
ー新型コロナウイルス対策ー

東ティモール政府は、2021年1月8日の閣議にて、 イギリスのアストラゼネカ社から新型コロナワクチンを6月から購入することを決定しました。 何回分のワクチンを購入するか等、詳細については、不明。

日本政府は、2020年12月10日にアストラゼネカ社と1億2千万回分のワクチンの供給について 最終合意書を締結しています。

2021年1月12日現在、東ティモールの新型コロナウイルス感染者の累計は、49名。死者0名。 東ティモール政府の懸命・積極的な感染防止策の策定・実施の下、 これまでのところ、封じ込めに成功して来ています。 「緊急事態宣言」は、30日間づつ継続中。