杵淵大使&外務・協力大臣が「人材育成奨学計画」の書簡交換
=若手行政官最大8名を大学院に受け入れへ=

8月27日、杵淵正巳大使は、外務・協力大臣との間で、総額1億4900万円を上限とする 無償資金協力「人材育成奨学計画」の書簡を交換しました。 これにより、次代を担う若手行政官最大8名が、来年度日本の大学院に留学することになります。

本計画は、2018年10月に、東ティモールの独立回復(2002年5月)以降、我が国外相として初めて同国を訪問された河野太郎外相(当時)が約束された人材育成支援策であり、第2陣の留学生受け入れになります。 優秀な人材の派遣が期待されます。

国づくりは、人づくりです。 更に、将来にわたり人的絆を構築していくうえでも 極めて意義深いこの度の書簡の交換です。

(参考:2020.8.27外務省ホームページ:「東ティモール民主共和国に対する無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換」)

当協会会長が、コロナ禍の中、リモート講演実施
=長野県伊那市立伊那図書館主催
演題「東ティモールって」=

8月19日、北原当協会会長は、東ティモールのホストタウンである長野県伊那市の 伊那図書館主催リモート講演会にて、予め用意した「東ティモールって」と題するパワーポイント に基づきながら、日本とに比較、歴史や文化、伊那市との様々な交流、新型コロナウイルスの感染状況、 ジェンダーギャップ、抱える課題などについて取り上げました。
少しでも東ティモールを身近に感じていただけたらとの思いを込めて講演しました。

“当協会会長が、コロナ禍の中、リモート講演実施
=長野県伊那市立伊那図書館主催
演題「東ティモールって」=” の
続きを読む

東ティモール等の開発途上国に日本人国連ボランティア派遣へ
=新型コロナウイルス対策に貢献=

日本政府は、東ティモール等の開発途上国に日本人国連ボランティアの派遣を決定しました。 今後13か国に各1名づつ派遣され、約8か月にわたりそれぞれの国の国際機関の新型コロナウイルス対策に貢献します。
東ティモールには、社会経済回復専門家1名がUNICEFに派遣されます。
(参考)外務省HP2020.8.14「開発途上国における新型コロナウイルス感染症対策に貢献するための国連ボランティアの派遣について」