人材育成奨学計画交換公文署名式
=供与額1億7,200万円 杵淵大使と東ティモール外務・協力大臣が署名=

8月16日、杵淵大使と東ティモール外務大臣との間で、令和5年度に最大8名の若手行政官を日本の大学院に留学させるための「人材育成奨学計画」 交換公文の署名式が行われました。供与額は1億7,200万円。 国造りを進める東ティモールにとって人材育成は焦眉の急であり、次代を担う彼らの活躍が期待されます。

(参考)2022.8.16外務省HP:東ティモール民主共和国に対する無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換

昨年4月のサイクロン被害によるインフラ緊急復旧支援交換公文署名式
=供与額10億円  杵淵大使と東ティモール外務・協力大臣が署名=

昨年4月のサイクロンにより甚大な被害を受けた道路・橋梁、河川護岸、給水施設や灌漑施設等の緊急復旧のため、 8月16日、杵淵大使と東ティモール外務・協力大臣の間で、供与額10億円の交換公文の署名式が行われました。 東ティモールの皆さんの生活基盤や農業・経済の回復に寄与することが期待されます。

(参考)2022.8.16外務省HP:東ティモール民主共和国に対する無償資金協力「洪水被災インフラ緊急復旧計画」に関する書簡の交換

日本・東ティモール外相がカンボジアで会談
=ASEAN関連外相会議時 一層の関係強化で合意=

8月5日、ASEAN関連外相会議に出席のためカンボジア訪問中の林外務大臣は 同じく同会議のためカンボジアを訪問されていた東ティモールのマグノ外務・協力大臣と会談しました。 両者は、一層の関係強化を図っていくことで合意し、現下の国際情勢等について意見交換等しました。

林大臣は、東ティモールのASEAN加盟を引き続き支持する旨伝達しました。

マグノ大臣から、安倍前首相の逝去に対する心からの哀悼の意が改めて評されました。

(参考)2022.8.5外務省HP:日・東ティモール外相会談