駐東ティモール日本大使に杵淵正巳氏
駐日東ティモール大使はイリジオ・シメネス・ダ・コスタ氏
=両国間関係の一層の発展を期待=

2月5日、新しい駐東ティモール日本大使に杵淵正巳(きねふち まさみ)氏が任命されました。
杵淵大使は、防衛大学校卒業後外務省に入られ、米国のナッシュビル総領事等の要職を務められた大変優秀な外交官です。
日本にとって益々重要性を増している東ティモールの国づくり支援をはじめ一層の関係発展にご尽力されることと思います。
また、前後して、新しい駐日東ティモール大使にイジリオ・シメネス・ダ・コスタ氏が任命されました。
同氏は、元雇用対策・職業訓練担当国務長官を経験された政治家(CNRT所属)です。
東ティモールが抱える雇用問題を踏まえ、日本への人材の派遣等に取り組まれることが予想されます。

しばらくお互いに空席が続いた日本大使、東ティモール大使が相次いで発令されたことを心から歓迎し、杵淵大使そしてイジリオ大使の任国でのご活躍に力いっぱいの声援を送りたいと思います。
頑張ってください!

東ティモール国家警察(PNTL)の警察官4名がPKOへ
=南スーダンへ出発=

2月4日、東ティモール国家警察(PNTL)に所属する4名の警察官が PKO活動に従事するため南スーダンに出発しました。


東ティモールが独立を回復して間もない頃 日本はPKO活動として警察官を東ティモールに派遣し 東ティモール国家警察(PNTL)の能力向上等に努めてきました。


そして今、 東ティモール国家警察(PNTL)は、 南スーダンでのPKO活動に従事するため 4名の警察官を派遣するに至りました。


感慨深いものがあります。 頑張っていただきたいと思います。

新駐日東ティモール大使にイジリオ・シメネス・ダ・コスタ氏
=ルオロ大統領が任命。元雇用対策・職業訓練担当国務長官=

しばらく空席になっていました駐日東ティモール大使が決まりました。
1月28日、ルオロ大統領は、新大使にイジリオ・シメネス・ダ・コスタ氏を任命しました。
同氏は、国父グスマン氏率いる政党CNRT所属の政治家です。
2012年~15年のグスマン内閣及び2015年~17年のルイ・アラウジョ内閣において 雇用対策・職業訓練担当国務長官を務めています。

新大使には、 出来るだけ早く着任され、認証式を経て、 日本と東ティモールの一層の関係発展に努めていただきたいと思います。
なお、この日任命された大使は、 駐日大使のほか次の8カ国の大使です。
シンガポール、カンボジア、バチカン、中国、ポルトガル、ラオス、オーストラリア、イギリス。


東ティモールにとって いずれも重要な9か国に赴任される各大使の活躍を祈念します。