パラリンピック400mT37選手(2018アジア大会金メダリスト)等が長野県伊那市訪問
=市長・議長表敬、試走、企業訪問、福祉施設や小学校で温かい交流=

2月25日~27日、東ティモールのパラリンピックチームのセザリオ・ダ・シルバ団長とテオフィロ・フレイタス選手が 駐日東ティモール大使館のヌノ臨時代理大使及び中村シニアアシスタントと一緒に長野県伊那市を訪問されました。
伊那市は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおける東ティモールのホストタウンです。
パラリンピックを控え、伊那市での事前合宿の実施が期待されます。

“パラリンピック400mT37選手(2018アジア大会金メダリスト)等が長野県伊那市訪問
=市長・議長表敬、試走、企業訪問、福祉施設や小学校で温かい交流=” の
続きを読む

駐日東ティモール大使館を解放・多くの皆さんが訪問
=「博士ちゃん」も来訪&カフェティモール焙煎教室は大盛況 「港区ワールドフェスティバル」に全面的に協力=

“駐日東ティモール大使館を解放・多くの皆さんが訪問
=「博士ちゃん」も来訪&カフェティモール焙煎教室は大盛況 「港区ワールドフェスティバル」に全面的に協力=” の
続きを読む

駐東ティモール日本大使に杵淵正巳氏
駐日東ティモール大使はイリジオ・シメネス・ダ・コスタ氏
=両国間関係の一層の発展を期待=

2月5日、新しい駐東ティモール日本大使に杵淵正巳(きねふち まさみ)氏が任命されました。
杵淵大使は、防衛大学校卒業後外務省に入られ、米国のナッシュビル総領事等の要職を務められた大変優秀な外交官です。
日本にとって益々重要性を増している東ティモールの国づくり支援をはじめ一層の関係発展にご尽力されることと思います。
また、前後して、新しい駐日東ティモール大使にイジリオ・シメネス・ダ・コスタ氏が任命されました。
同氏は、元雇用対策・職業訓練担当国務長官を経験された政治家(CNRT所属)です。
東ティモールが抱える雇用問題を踏まえ、日本への人材の派遣等に取り組まれることが予想されます。

しばらくお互いに空席が続いた日本大使、東ティモール大使が相次いで発令されたことを心から歓迎し、杵淵大使そしてイジリオ大使の任国でのご活躍に力いっぱいの声援を送りたいと思います。
頑張ってください!

東ティモール国家警察(PNTL)の警察官4名がPKOへ
=南スーダンへ出発=

2月4日、東ティモール国家警察(PNTL)に所属する4名の警察官が PKO活動に従事するため南スーダンに出発しました。


東ティモールが独立を回復して間もない頃 日本はPKO活動として警察官を東ティモールに派遣し 東ティモール国家警察(PNTL)の能力向上等に努めてきました。


そして今、 東ティモール国家警察(PNTL)は、 南スーダンでのPKO活動に従事するため 4名の警察官を派遣するに至りました。


感慨深いものがあります。 頑張っていただきたいと思います。