独立闘争の象徴、カブラキ山に国立公園設置
=名前は、前首相の「カイ・ララ・シャナナ・グスマン」=

東ティモール政府は、アイナロ県に所在する厳しい独立闘争の象徴である カブラキ山(Mt.Cablaque)に、 独立闘争の英雄であり、独立回復後初代大統領を務め、本年2月まで首相であったグスマン首相の 名前を冠した国立公園を作る閣議決定を致しました。

現在、東ティモールには、同じく独立闘争の英雄であり戦死したコニ・サンタナの名前を冠した国立公園が東部のイラララロ湖、イリケレケレ、ジャコ島一帯に在ります。